ボナンザライディングの仲間たちをご紹介

DAN(平山 昌利)

スペシャルオリンピックス日本乗馬コーチクリニック修了

2004年 レイニングリミテッドオープン 総合1位
2007年 ウエスタンの本場アメリカへ
2009年 ウエスタン乗馬中級指導者取得

カウボーイネームがDANです。

映画で見た夕日をバックに干し草をフォークで積み上げていく情景にあこがれ、いつか牧場の仕事をしたいという思いをいだいていたら、熊日新聞の「カウボーイ、カウガール集まれ!」という見出しの求人記事をある人が見せてくれました。

「求めていたものはこれだ!」と思い、記事の内容もろくに読まず、面接してくださいとその牧場に連絡したことが私と馬との関わりの出発点でした。

乗馬はもちろん、牧場の仕事を通して馬とふれ合ったり、エサをあげたりするうちに、だんだんと馬の魅力に引きこまれました。

そして、いつかは自分が感じた馬の魅力を多くの人と分かち合いたいと思い、阿蘇での乗馬クラブの開業にいたりました。

令和元年、自然あふれる久住高原で大好きな馬たちといっしょに、お越しくださる皆様に感動や楽しさを家族でご提供していきたいと思っています。

私たちのアットホームな乗馬クラブ「ボナンザライディング」をどうぞよろしくお願いします。

 

AI(平山愛)

私の馬との出会いは、子供の頃に習い始めたブリティッシュスタイルの乗馬クラブでした。

その時は馬で障害物を飛び越える障害馬術をしていました。

ある時、外乗をするために静岡県の浜松市にある乗馬クラブを訪れた際に、ウエスタンスタイルの乗馬を知りました。

その時からウエスタンスタイルの乗馬に夢中になり、アメリカのノースカロライナ州にある乗馬クラブで修行を積み、馬の競技会にも出場する経験もしました。

生き物に乗るという体験のおもしろさをボナンザライディングで知っていただけたらうれしいなと思っています。

馬にまたがっただけでも、視線が高くなり眺めはよくなります。さらにこの場所は景色も格別によいので、ぜひお越しになって馬上からの風景をお楽しみください。

 

ティニー

2015年生まれ
少しだけ臆病で、毛色は体のほとんどが茶色で、足先3本と鼻先の少しだけが白いです。
臆病なのに先頭もこなしてくれる、頼りになる存在です。

モモ

2014年生まれ
美人さんで可愛らしさもある顔立ちなのに、たてがみはワイルドヘアーです。
背も高く、乗り心地もよいです。

フリッカー

2009年生まれ
普段はとてもおとなしく、歩き出すとサクサクいく女の子です。
毛並みは明るい茶色で、みんなに「キレイ~」とよく言われます。

チョコ

2000年生まれ
黒っぽい毛並みの馬で、流鏑馬(やぶさめ)、お祭り、映画撮影などいろいろこなせます。
色が黒っぽいので、かっこよく見えます!

メリー

1996年生まれ
一番最年長の白い馬です。毛色は少しだけクリーム色っぽく、とてもたてがみが長く小柄です。
まつげまで白く、目はくりくり!
足の毛もふさふさしています。
かわいらしいです。